<transcy>今すぐターンテーブルを注文する</transcy>

ユセフ・ラテフ - 日本版ビニールLP(予約注文)
ユセフ・ラテフ - 日本版ビニールLP(予約注文)

ユセフ・ラテフ - 日本版ビニールLP(予約注文)

通常価格 $32.00 販売中

ロニー・スコットの1966年1月15日にライブ

公式日本語版
リリース日:2020年10月21日
12" 180グラム 33rpm モノラル LP(帯ストリップ付き)


これは、ジャズとイースタン音楽のミックスがジョン・コルトレーンやファラオ・サンダースを含む時代の最高のミュージシャンの一部に大きな影響を与えた華麗なマルチインストゥルメンタリスト、ユセフ・ラテフからの未発表のライブクラブ公演です。

ピアニストのスタン・トレーシー、ダブルベーシストのリック・レアード、ドラマーのビル・アイデンのハウスバンドがロニー・スコットに同行し、演奏されたレパートリーのほとんどは、ジャズ・ムードやイースタン・サウンズなどのサヴォイとプレステージのためのレイトフの以前の録音から来ています。ラテフはドリーマーと昨夜のブルースでフルートを演奏します(それは走りの最後の夜でした)。彼は、オリエントのためのブルース、xun - 中国のフルート - デリラの歌で、そしてユセフの気分にテナーサックスでシェナイを果たしています。

夜の公演はロニー・スコットの要請でレ・トムキンスによって録音されました。ミュージシャンたちは、スコットが彼らが最善を尽くし、最も無意識になると信じて録音されていることに気づいていませんでした。このレコードは、元の1/4インチテープから直接ギアボックスレコードでマスターされました。

ウエストレックスRA1700シリーズアンプ、ウェストレックス3DIIA切断ヘッドとテレファンケンU73Bチューブリミッターでヘコスカリー旋風にカット;マセレックのマスターコントロールとイコライゼーション。

トラックリスト:

サイド1:1.エンジェルアイズ(9:19)、2.ブルース・フォー・ザ・オリエント(6:51)、3.ソング・オブ・デリラ (4:41)

サイド2:1.ラストナイトブルース(9:56)、2.ユセフの気分(10:44)

人事:
ユセフ・ラテフ - フルート、シェナイ、クズン、テナーサックス
スタン・トレーシー - ピアノ
リック・レアード - ダブルベース
ビル・アイデン - ドラムス

Language
English
Open drop down